So-net無料ブログ作成
検索選択

阿久根市の処分取り消し=張り紙はがしで職員免職−鹿児島地裁(時事通信)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長の意向で掲示された市職員給与総額の張り紙をはがし、懲戒免職処分を受けた男性職員(45)が、処分は裁量権の乱用で不当だと訴えた訴訟の判決が9日、鹿児島地裁であり、牧賢二裁判長は市の処分を取り消した。
 市側は答弁書で、「張り紙をはがす行為は、組織の秩序維持を阻害する行為に当たる」と主張。「免職より軽い処分で職務を続けた場合、市長の指揮監督権を侵害する行為が頻発することが予想される。免職処分は妥当だ」としていた。 

【関連ニュース
阿久根市の免職訴訟できょう判決=給与張り紙はがし
未払い給与220万円受け取り=阿久根市職員、強制執行で
阿久根市長への告発状受理=給与不払い問題
阿久根市長を告発=職員給与未払いで
積立金1430万円を横領=海自事務官を免職

政府・民主首脳会議、参院選・会期延長テーマに(読売新聞)
スピード違反取締中の警察官がはねられ重傷 京都(産経新聞)
<ネット利用>子どもが初めて持つネット機器は「ゲーム機」(毎日新聞)
両親殺傷 容疑で無職の23歳男逮捕 北海道・北見(毎日新聞)
盗難バイクの情報提供へ…転売防止で大阪府警(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。